サックスについて

秋から始める大人の楽器…サックス

■はじめに

 

 

 

 ジャズや吹奏楽の花形である楽器…サックス。

 

 

 

 「とても憧れるけど、いざ演奏するとなると自分には難しいんじゃないか…」

 

 「楽器って高いんでしょう?」

 

 「音楽やったことない自分には無理」

 

 

 

 …こんなことを思ってはいませんか?

 

 

 

 でも実はこのサックス、その見た目とは裏腹に楽器初心者の方にとっても優しい楽器なんですよ。

 

 今回はそんなサックスの魅力を音大生が少しだけご紹介してみようと思います。

 

 

 

 

 

■価格が安い

 

 楽器って色々とお金がかかるイメージがありますよね…特に楽器本体はとっても価格が高い!と思っている方も多いと思います。

 

 確かに楽器の中にはヴァイオリンのように何千万もするものもあります。でもサックスは比較的良心的なお値段で始めることが出来るんですよ。

 

 

 

 お安いものだとアルトサックスで3・4万円から。最低でも10万円あればそこそこの音が出ると言われています。

 

 10万のサックスと同等の音を出すために、ヴァイオリンだと30万、ピアノは50万以上必要だと言われていますし、ほかの楽器を新しく始めるよりもお財布にやさしいのもサックスの大きな特徴だと思います。

 

 

 

■リコーダーと指使いがほぼ同じ

 

 プロの演奏者がサックスを颯爽とかっこよく吹きこなしている姿はとても格好良いですが、いざ自分が吹くとなると指がもつれてしまうのでは…と心配になる方も多いと思います。

 

 

 

 でもこのサックス…なんと指使いが小学校で習ったあの楽器、“ソプラノ・リコーダー”と指使いがほとんど同じなんです!

 

 

 

 楽器は難しそうだから…とあきらめているそこの貴方!あきらめてしまう前に一度小学校のリコーダーを押入れから引っ張り出してみてください。リコーダーできちんとドレミファ…と吹けていればサックスも案外大丈夫かもしれませんよ?

 

 

 

■年齢関係なく上達が見込める

 

 大人から楽器を始められる方からの相談で一番多いのが「小さいころに楽器をやっていないので練習しても上達しないのではないか」という事。

 

 

 

 確かにクラシックピアノやヴァイオリンは小さいころからの鍛錬が重要であり、いくら練習してもある程度までしか上達が出来ない…と言われることも多いです。

 

 

 

 ですが、逆にサックスなど管楽器はある程度体がしっかりとできてからでないと吹くことができません。

 

むしろ肺活量が多い大人から習う方が有利になる場合もあると言われているくらいですし多少の向き不向きを除けば心配がない楽器だと言えると思います。

 

 

 

 特にサックスは指使いの易しさなどから大人の方が最初にマスターする楽器には最適だとも言われていますし、大人から楽器を始めるには一番易しい楽器なのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

■おわりに

 

 いかがでしたでしょうか? サックスの魅力が少しでも伝わればうれしいです。

 

 芸術の秋、2013年は少し勇気を出してサックスと新しい日々を踏み出してはいかがでしょうか?